広島原爆被害者援護事業団
 概要(沿革、事業目的、役員) 組織(組織図、職員数) 基本理念等 予算・決算 舟入むつみ園 神田山やすらぎ園 倉掛のぞみ園
 職員採用情報 入札情報 福祉サービス第三者評価 リンク Home
 

公益財団法人広島原爆被爆者援護事業団の概要(設立趣旨、目的・事業、評議員・役員)

設立趣旨

 昭和20(1945)年8月、広島市内に投下された原子爆弾により多数の死傷者の発生をみたことは我々の記憶に生々しいところであります。

 そして、これら被爆者及びその家族のなかに、その後遺症に苦しみあるいは生活に困窮する数多くの人々が、救援の手を待っている実状から、広島県及び広島市は、これら被爆者の援護のために、諸々の施策を講じつつ、政府に対してその援護の強化について強く働きかけてきました。

 政府においても、昭和32(1957)年には、「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」を、また、昭和43(1968)年には「原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律」を制定し、さらに昭和44(1969)年には、「原子爆弾被爆者養護ホーム」の設置に必要な予算措置もされました。

 広島県及び広島市は、この機会に原子爆弾被爆者対策を強化推進するところとなりましたが、各種の施策のなかには、広島県・広島市が直接行うよりも法人に委託して実施した方が、また、別々に行うよりも共同して実施した方が効率的かつ効果的であるとして、昭和44(1969)年3月、広島県・広島市共同で「財団法人広島原爆被爆者援護事業団」を設立しました。


目的及び事業

 (目 的)
 この法人は、原子爆弾被爆者(以下「被爆者」という。)を援護し、その福祉の向上を図ることを目的とする。

 (事 業)
 この法人は、目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

  (1) 被爆者の福祉の増進を図るための相談
  (2) 被爆者の援護のために必要な調査及び研究
  (3) 被爆者の養護
  (4) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 ※ 定款の全文は、以下のPDFファイルをご覧ください。

 
定 款


沿革

昭和44(1969)年3月 財団法人広島原爆被爆者援護事業団設立
昭和45(1970)年4月 広島原爆養護ホーム「舟入むつみ園」開設
    (一般養護100人、特別養護50人)
昭和48(1973)年4月 「舟入むつみ園」増設
    (一般養護150人、特別養護100人)
昭和57(1982)年6月 広島原爆養護ホーム「神田山やすらぎ園」開設
    (特別養護100人、附属診療所併設)
平成 4(1992)年7月 広島原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園」開設
    (特別養護200人、舟入むつみ園改修に伴う一般養護100人)
   ※特養化により一般養護(50人)定数減(舟入むつみ園)
8月 広島原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園診療所」開設
平成 5(1993)年7月 「舟入むつみ園」改修
    (一般養護100人、ショートステイ4人)
   「倉掛のぞみ園」定員増
    (特別養護300人)
9月 広島原爆養護ホーム「舟入むつみ園デイサービスセンター」開設
平成 8(1996)年4月 広島原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園ショートステイ専用居室」新設
    (ショートステイ4人)
平成25(2013)年 4月 広島県知事の認定を受け、「公益財団法人広島原爆被爆者援護
   事業団」に移行


評議員名簿(平成29(2017)年6月9日現在)
 氏     名  役  職  名             
     犬 童  英 徳    広島県議会議員  
     緒 方  直 之  広島県議会議員 
     川 添  泰 宏  広島市健康福祉局長
     菊 間  秀 樹  広島県健康福祉局長             
     木 矢  克 造  県立広島病院長           
     谷 口     修  広島市議会議員 
     古 川  善 也   広島赤十字・原爆病院長        
     柳 田  実 郎  地方独立行政法人広島市立病院機構
  広島市立舟入市民病院長
  
     渡 辺  好 造    広島市議会議員           
                                         (五十音順 敬称略)
                                    
役員名簿(平成29(2017)年6月9日現在)
役  名  氏     名  役  職  名        
理 事 長   高  井     巌  広島原爆養護ホーム倉掛のぞみ園長   
専務理事   藤  井   正 春  公益財団法人広島原爆被爆者援護事業団事務局長
常務理事   大  知     裕  広島原爆養護ホーム舟入むつみ園長     
  小  川   博 司  広島原爆養護ホーム神田山やすらぎ園長     
理 事   大  杉      薫  広島市健康福祉局原爆被害対策部長   
 〃    八  幡     毅  広島県健康福祉局被爆者支援課長 
監 事   久保田  一 生  一般財団法人広島市都市整備公社監事   
 〃    八  田  正 雄    元広島県福山地域事務所厚生環境局長    
                                         (五十音順 敬称略)
                                                        


公益財団法人広島原爆被爆者援護事業団 〒739-1743 広島市安佐北区倉掛三丁目50番1号電話(082)845-5091 FAX(082)845-6934